発表文献

2017年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Yosuke Sakata and Koji Eguchi, “Relation Prediction in Multillingual Data based on Multimodal Relational Topic Models”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E100-D, No.4, pp.741-749 (Apr. 2017).
  • Jianfei Xue and Koji Eguchi, “Video Data Modeling using Sequential Correspondence Hierarchical Dirichlet Processes”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E100-D, No.1, pp.33-41 (Jan. 2017).
  • Jianfei Xue, et al., “A Bayesian Nonparametric Multimodal Data Modeling Framework for Video Emotion Recognition”, IEEE International Conference on Multimedia and Expo (ICME 2017), Hong Kong (to appear in Jul. 2017).
  • Shohei Sakamoto and Koji Eguchi, “Particle Filter Inference based on Activities for Overlapping Community Models”, Proceedings of the 8th International Workshop on Modeling Social Media: Machine Learning and AI for Modeling and Analyzing Social Media, pp.1499-1504, Perth, Australia (Apr. 2017).

【研究報告/講演】

  • 円道 滉一郎, 江口 浩二, 羽森 茂之, 金京 拓司, “深層生成モデルによる時系列ネットワークの低次元埋め込み”, 第18回人工知能学会金融情報学研究会(SIG-FIN)(Mar. 2017).
  • 中川 雄太, 上野 良輔, 江口 浩二, “マルチタスク最大マージントピックモデルによる収益予測”, 第18回人工知能学会金融情報学研究会(SIG-FIN)(Mar. 2017).
  • 梅原 頌平, 江口 浩二, “潜在変数モデリングによる利用者の情報行動に関する予測”, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2017) (Mar. 2017).
  • 茂庭 綾香, 坂田 洋介, 江口 浩二, “アノテーション付き画像の感情分析における深層表現を伴った教師付きトピックモデル”, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2017) (Mar. 2017).
  • 城内 光平, 江口 浩二, “LSTMネットワークによるGPSデータのモデル化と状態推定”, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2017) (Mar. 2017).

2016年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Takuji Shimamawari, Koji Eguchi, and Atsuhiro Takasu, “Bayesian Non-parametric Inference of Multimodal Topic Hierarchies”, Journal of Information Processing, Vol.24, No.2, pp.407-415 (Mar. 2016).
  • Jianfei Xue and Koji Eguchi, “Sequential Symmetric Correspondence Hierarchical Dirichlet Processes for Video Data Analysis”, NIPS 2016 Workshop on Practical Bayesian Nonparametrics, Barcelona, Spain (Dec. 2016).
  • Jianfei Xue and Koji Eguchi, “Sequential Correspondence Hierarchical Dirichlet Processes for Video Data Analysis”, Proceedings of the 6th ACM International Conference on Multimedia Retrieval (ICMR 2016), pp.229-233, New York City, New York, USA (Jun. 2016).

【研究報告/講演】

  • Koji Eguchi, “Infinite multimodal topic models for image and video analysis” (invited), The 11th Korea-Japan Database Workshop 2016 (KJDB 2016), Deagu, South Korea (Nov. 2016).
  • Yosuke Sakata and Koji Eguchi, “Cross-lingual Link Prediction using Multimodal Relational Topic Models”, Proceedings of the 15th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS 2016), Okayama, Japan (Jun. 2016).
  • Jianfei Xue, Koji Eguchi, “Sequential Symmetric Correspondence Nonparametric Topic Models for Video Data Analysis”, 第19回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2016) (Nov. 2016).
  • 西出 飛翔, 江口 浩二, “双対分解を用いた最大マージン潜在特徴関係モデルによる関係属性の予測”, 電子情報通信学会第24回情報論的学習理論と機械学習研究会, pp.9-16 (Mar. 2016).
  • 坂田 洋介, 江口 浩二, “マージン最大化マルチモーダルトピックモデルによるマルチラベル分類”, 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016) (Feb. 2016). 学生プレゼンテーション賞.

2015年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Takuji Shimamawari, Koji Eguchi, and Atsuhiro Takasu, “Bayesian Nonparametric Inference of Latent Topic Hierarchies for Multimodal Data”, Proceedings of the 3rd IAPR Asian Conference on Pattern Recognition (ACPR2015), Kuala Lumpur, Malaysia (Nov. 2015).

【研究報告/講演】

  • 西出 飛翔, 江口 浩二, “双対分解を用いた無限潜在特徴関係モデルによる関係データの属性予測”, 第18回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2015) (Nov. 2015).
  • 円道 滉一郎, 江口 浩二, “確率的ディープラーニングによる画像カテゴリ認識における特徴量に関する一検討”, 2015年度情報処理学会関西支部支部大会論文集, No.G-15 (Sep. 2015).
  • 坂本 翔平, 江口 浩二, “動的社会ネットワークに対する混合メンバシップ・ブロックモデルのコールドスタート環境下における逐次推定”, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015) (Mar. 2015). 学生プレゼンテーション賞.

2014年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Yang Xie and Koji Eguchi, “Multimedia Topic Models Considering Burstiness of Local Features”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E97-D, No. 4, pp.714-720 (Apr. 2014).
  • Tomoki Kobayashi and Koji Eguchi, “Online Inference of Mixed Membership Stochastic Blockmodels for Network Data Streams”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E97-D, No.4, pp.752-761 (Apr. 2014).
  • Tsukasa Omoto, Koji Eguchi, and Shotaro Tora, “Hybrid Parallel Inference for Hierarchical Dirichlet Processes”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E97-D, No.4, pp.815-820 (Apr. 2014).

【研究報告/講演】

  • Koji Eguchi, “Multi-modal Topic Models and Large-scale Data Analysis” (Invited Talk), The 9th Korea-Japan Database Workshop 2014 (KJDB 2014), Gangwon, South Korea (Nov. 2014).
  • 上野 良輔, 江口 浩二, “双対分解を用いたマルチタスク最大マージントピックモデル”, 第17回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2014) (Nov. 2014).
  • 西出 飛翔, 江口 浩二, “無限潜在特徴関係モデルのマージン最大化推定による離散関係属性付きネットワークの分析”, 2014年度情報処理学会関西支部支部大会論文集, No.C-10 (Sep. 2014).
  • 坂田 洋介, 江口 浩二, “マージン最大化マルチモーダル関係トピックモデルと多言語間関係予測による評価”, 2014年度情報処理学会関西支部支部大会論文集, No.F-01 (Sep. 2014).
  • 島廻 卓史, 江口 浩二, “アノテーション付き画像の潜在トピック階層に関するノンパラメトリックベイズモデリング”, 2014年度情報処理学会関西支部支部大会論文集, No.G-05 (Sep. 2014).
  • 山本 浩平, 江口 浩二, 高須 淳宏, “カテゴリ階層の拡張を目的とした階層的トピックモデル”, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014) (Mar. 2014). 学生プレゼンテーション賞.
  • 坂田 洋介, 江口 浩二, “マルチモーダル関係トピックモデルによる多言語間関係予測”, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014) (Mar. 2014).

2013年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Shotaro Tora and Koji Eguchi, “MPI/OpenMP Hybrid Parallel Inference Methods for Latent Dirichlet Allocation: Approximation and Evaluation”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E96-D, No.5, pp.1006-1015 (May 2013).
  • 内藤 慎也, 江口 浩二, “閲覧履歴グラフに基づく正則化リンク解析を用いたロバスト推薦”, 日本データベース学会論文誌, Vol.12, No.1, pp.7-12 (Jun. 2013).
  • 石黒 七海, 江口 浩二, 横峯 樹, “異種混合メンバーシップ・ブロックモデルと情報推薦への応用”, 日本データベース学会論文誌, Vol.12, No.1, pp.43-48 (Jun. 2013).
  • Tomoki Kobayashi and Koji Eguchi, “Sequential Monte Carlo Inference of Mixed Membership Stochastic Blockmodels for Dynamic Social Networks”, NIPS 2013 Workshop on Frontiers of Network Analysis: Methods, Models, and Applications, Lake Tahoe, Nevada, USA (Dec. 2013). [PDF]
  • Tsukasa Omoto, Koji Eguchi, and Shotaro Tora, “Hybrid Parallel Inference for Hierarchical Dirichlet Process”, ICML 2013 workshop on Inferning: Interactions between Inference and Learning, Atlanta, Georgia, USA (Jun. 2013). [PDF]

【研究報告/講演】

  • 山本 浩平, 江口 浩二, 高須 淳宏, “カテゴリ階層の拡張を目的とした半教師あり階層的トピックモデル”, 第16回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2013) (Nov. 2013).
  • 小林 知己, 江口 浩二, “時間変化を伴うネットワークにおける混合メンバシップ・ブロックモデルのオンライン学習”, 第16回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2013) (Nov. 2013).
  • 大元 司, 江口 浩二, 東羅 翔太郎, “階層ディリクレ過程のハイブリッド並列化推定”, 第16回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2013) (Nov. 2013).
  • 江口 浩二, “マルチモーダル・トピックモデルとその応用”, 西日本NLP勉強会 (Oct. 2013).
  • 上野 良輔, 江口 浩二, “回帰分析のためのマージン最大化トピックモデルのギブスサンプリング推定”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.150, DE2013-31, pp.187-192 (Jul. 2013).
  • 謝 洋, 江口 浩二, “映像データにおける局所特徴のバースト性を考慮したトピックモデリング”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.113, No.75, PRMU2013-20, pp.5-10 (Jun. 2013).
  • 石黒 七海, 江口 浩二, 横峯 樹, “異種混合メンバーシップ・ブロックモデルと情報推薦への応用”, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013) (Mar. 2013). 学生プレゼンテーション賞.
  • 大元 司, 東羅 翔太郎, 江口 浩二, “大規模データのための階層ディリクレ過程の並列推定”, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013) (Mar. 2013).

2012年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Kosuke Fukumasu, Koji Eguchi, and Eric P. Xing, “Symmetric Correspondence Topic Models for Multilingual Text Analysis”, Advances in Neural Information Processing Systems 25 (NIPS 2012), pp.1295-1303 (Dec. 2012). Spotlight. [PDF]
  • Shinya Naito and Koji Eguchi, “Robust Recommendations using Regularized Link Analysis of Browsing Behavior Graphs”, Social Computing, Behavioral-Cultural Modeling and Prediction: 5th International Conference, SBP 2012, College Park, MD, USA, Lecture Notes in Computer Science, Vol.7227, pp.339-347, Springer, Berlin and Heidelberg, Germany (Apr. 2012).

【研究報告/講演】

  • 小林 知己, 江口 浩二, “混合メンバシップ・ブロックモデルのオンライン学習”, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012) (Mar. 2012).
  • 山本 浩平, 江口 浩二, 高須 淳宏, “カテゴリ階層を考慮した確率的トピックモデルのモデル選択付き学習”, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012) (Mar. 2012).
  • 下田 敬祐, 江口 浩二, “多腕バンディットによる検索結果の多様化に関する大規模クリックスルーログを用いた評価”, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012) (Mar. 2012).
  • 西原 聖志, 江口 浩二, “局所特徴のバースト性を考慮した異種メディアの統合的なモデル化”, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012) (Mar. 2012).

2011年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • 三好 裕樹, 尾崎 知伸, 江口 浩二, 大川 剛直, “定量的アイテム集合付き単一グラフからの頻出パターンマイニング”, 人工知能学会論文誌, Vol.26, No.1, pp.284-296 (Jan. 2011).
  • Shotaro Tora and Koji Eguchi, “MPI/OpenMP Hybrid Parallel Inference for Latent Dirichlet Allocation”, Proceedings of the 3rd Workshop on Large Scale Data Mining: Theory and Applications, pp.1-7, San Diego, California, USA (Aug. 2011).

【研究報告/講演】

  • 横峯 樹, 江口 浩二, “マルチタイプ混合メンバーシップ・ブロックモデルを用いた情報推薦”, 第14回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2011) (Nov. 2011).
  • 福増 康佑, 松浦 愛美, 江口 浩二, “Symmetric Correspondence Topic Modelsによる多言語トピック抽出”, 第14回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2011) (Nov. 2011).
  • 内藤 慎也, 江口 浩二, “正則化付きリンク構造解析を用いたコールドスタート推薦”, 情報処理学会研究報告, No.2011-DBS-153, pp.1-8 (Nov. 2011).
  • 福増 康佑, 松浦 愛美, 江口 浩二, “多言語トピックモデルによる言語横断リンク検出”, 情報処理学会研究報告, No.2011-NL-201/2011-SLP-86, pp.1-7 (May 2011).
  • 東羅 翔太郎, 江口 浩二, “MPI/OpenMPハイブリッド並列化による潜在的ディリクレ配分法の効率的推定”, 電子情報通信学会第4回情報論的学習理論と機械学習研究会, pp.1-8 (Mar. 2011).
  • 江口 浩二, “統計的言語モデルと情報検索” (チュートリアル講演), 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (Feb. 2011).
  • 林 幸記, 江口 浩二, 高須 淳宏, “カテゴリ階層構造を考慮した確率的トピックモデルとその応用”, 情報処理学会研究報告, No.2011-IFAT-101/2011-NL-200, pp.1-8 (Jan. 2011).

2010年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • 岡本 和剛, 本田 徹也, 江口 浩二, “意見文検索のための言語モデルにおける局所文脈スムージング”, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J93-D, No.6, pp.714-723 (Jun. 2010).
  • 江口 浩二, “情報検索のための確率的言語モデルに関する動向と課題”, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J93-D, No.3, pp.157-169 (Mar. 2010).
  • 横山 正太朗, 江口 浩二, 大川 剛直, “潜在トピックを用いたブログ空間からの情報伝搬ネットワーク抽出”, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J93-D, No.3, pp.180-188 (Mar. 2010).
  • Akira Ninagawa and Koji Eguchi, “Link Prediction using Probabilistic Group Models of Network Structure”, Proceedings of the 25th Annual ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2010), Sierre, Switzerland, Vol.2, pp.1115-1116 (Mar. 2010).

【研究報告/講演】

  • 江口 浩二, “統計モデリングとデータマイニングに基づくネットワーク化知識の創出と活用”, 2010年度科研・合同シンポジウム:言語処理技術の深化と理論・応用の新展開 (Sep. 2010).
  • 江口 浩二, “情報検索のための確率的言語モデル” (招待講演), 情報処理学会第82回音声言語情報処理研究会 (Jul. 2010).
  • Koji Eguchi, “Information Retrieval and Analysis using Multitype Topic Models”, The 4th NICT Keihanna Talk (Jun. 2010).
  • 松浦 愛美, 江口 浩二, “時系列対訳トピックモデルを用いた言語横断トレンド分析”, 情報処理学会研究報告, No.2010-FI-98 (Mar. 2010).
  • 横峯 樹, 江口 浩二, “混合メンバーシップ・ブロックモデルを用いた協調フィルタリング”, 情報処理学会研究報告, No.2010-FI-98 (Mar. 2010).
  • 柴田 鉄也, 江口 浩二, “重回帰分析を用いた近接クエリの重み推定によるWeb情報検索”, 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会講演論文集, Vol.1, No.1R-6, pp.723-724 (Mar. 2010). 学生奨励賞受賞.
  • 麻生 竜矢, 江口 浩二, “確率的トピックモデルを用いた医学生物学文献情報に基づく仮説生成”, 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会講演論文集, Vol.4, No.2ZL-2, pp.739-740 (Mar. 2010). 学生奨励賞受賞.
  • 横峯 樹, 江口 浩二, “混合メンバーシップモデルを用いた協調フィルタリングの一検討”, 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会講演論文集, Vol.1, No.3N-1, pp.379-380 (Mar. 2010).
  • 松浦 愛美, 江口 浩二, “時系列トピックモデルを用いた言語横断トレンド分析”, 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会講演論文集, Vol.1, No.3N-2, pp.381-382 (Mar. 2010).

2009年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • 麻生 竜矢, 江口 浩二, “学術文献の潜在トピックに着目したタンパク質相互関係に関する知識の抽出”, 情報処理学会論文誌 データベース, Vol.2, No.2, pp.86-95 (Jun. 2009).
  • Koji Eguchi and W. Bruce Croft, “Query Structuring and Expansion with Two-stage Term Dependence for Japanese Web Retrieval”, Information Retrieval, Springer Netherlands, Vol.12, No.3, pp.251-274, Springer Netherlands (Jun. 2009).
  • 江口 浩二, 塩崎 仁博, “多型トピックモデルを用いたアノテーション付き文書に対する検索手法”, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J92-D, No.3, pp.311-320 (Mar. 2009).
  • Tatsuya Aso and Koji Eguchi, “Predicting Protein-Protein Relationships from Literature using Latent Topics”, Genome Informatics 2009: Proceedings of the 20th International Conference (GIW 2009), Genome Informatics Series, Vol.23, Imperial College Press, London, UK, pp.3-12 (Dec. 2009).
  • Takayoshi Okamoto, Tetsuya Honda, and Koji Eguchi, “Locally Contextualized Smoothing of Language Models for Sentiment Sentence Retrieval”, Proceeding of the 1st International CIKM Workshop on Topic-Sentiment Analysis for Mass Opinion Measurement (TSA 2009), Hong Kong, China, pp.73-80 (Nov. 2009).

【図書/解説記事】

  • 江口 浩二, “文書クラスタリング”, 言語処理学事典, 共立出版 (Dec. 2009).

【研究報告/講演】

  • 林 幸記, 江口 浩二, “カテゴリ構造を用いた確率的トピックモデルの効率的推定とその応用”, 情報処理学会研究報告, No.2009-DBS-148/2009-FI-95, 8p. (Jul. 2009). 学生奨励賞受賞.
  • 岡本 和剛, 本田 徹也, 江口 浩二, “意見文検索のための言語モデルにおける局所文脈スムージング”, 情報処理学会研究報告, No.2009-DBS-148/2009-FI-95, 7p. (Jul. 2009). 学生奨励賞受賞.
  • 蜷川 陽, 江口 浩二, “大規模ネットワーク構造の確率的グループモデルに基づくリンク予測”, 情報処理学会研究報告, No.2009-BIO-017, 8p. (May 2009).
  • 横山 正太朗, 江口 浩二, 大川 剛直, “多重トピックを用いたブログ空間の情報伝搬解析”, 情報処理学会研究報告, No.2009-NL-190, pp.81-88 (Mar. 2009).
  • 江口 浩二, 塩崎 仁博, “多型トピックモデルを用いたWikipedia検索”, 人工知能学会第20回セマンティックウェブとオントロジー研究会・Wikipediaワークショップ, SIG-SWO-A803-14, 8p. (Jan. 2009).

2008年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Chirag Shah and Koji Eguchi, “Improving Document Representation for Story Link Detection by Modeling Term Topicality”, IPSJ Transactions on Databases, Vol.1, No.3, pp.11-19 (Dec. 2008).
  • Hitohiro Shiozaki, Koji Eguchi, and Takenao Ohkawa, “Entity Network Prediction using Multitype Topic Models”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E91-D, No.11, pp.2589-2598 (Nov. 2008).
  • Akira Ninagawa and Koji Eguchi, “Link Prediction in Metabolic Networks using Topology-based Mixture Models”, CD-ROM Proceedings of the 19th International Conference on Genome Informatics (GIW-2008), Gold Coast, Australia, 2p. (Dec. 2008).
  • Tetsuya Shibata and Koji Eguchi, “Automatic Query Structuring from Sentences for Japanese Web Retrieval”, Proceedings of the 2nd ACM Workshop on Improving Non-English Web Searching, Napa Valley, California, USA, pp.55-62 (Oct. 2008).
  • Tatsuya Asou and Koji Eguchi, “Predicting Protein-Protein Relationships from Literature using Collapsed Variational Latent Dirichlet Allocation”, Proceedings of the 2nd International Workshop on Data and Text Mining in Bioinformatics, Napa Valley, California, USA, pp.77-80 (Oct. 2008).
  • Hitohiro Shiozaki and Koji Eguchi, “Entity Ranking from Annotated Text Collections using Multitype Topic Models”, Focused Access to XML Documents: 6th International Workshop of the Initiative for the Evaluation of XML Retrieval, INEX 2007, Dagstuhl Castle, Germany, Lecture Notes in Computer Science, Vol.4862, pp.279-292, Springer, Berlin and Heidelberg, Germany (Aug. 2008).
  • Hitohiro Shiozaki, Koji Eguchi, and Takenao Ohkawa, “Entity Network Prediction using Multitype Topic Models”, Advances in Knowledge Discovery and Data Mining: 12th Pacific-Asia Conference, PAKDD 2008, Osaka, Japan, Lecture Notes in Computer Science, Vol.5012, pp.705-714, Springer, Berlin and Heidelberg, Germany (May 2008). [acceptance rate: 24.7%]

【研究報告/講演】

  • 江口 浩二, “情報コンテンツからの社会ネットワーク構造の抽出と活用” (招待講演), 日本学術振興会 光ネットワークシステム技術第171委員会 第33回研究会 (Jul. 2008).
  • 柴田 鉄也, 江口 浩二, “自然言語文からの構造化クエリの自動生成によるWeb情報検索”, 情報処理学会研究報告, No.2008-DBS-145/2008-FI-91, pp.41-48 (Jun. 2008).
  • 麻生 竜矢, 江口 浩二, “Collapsed 変分ベイズLDAによるタンパク質相互作用予測”, 情報処理学会研究報告, No.2008-DBS-145/2008-FI-91, pp.57-64 (Jun. 2008).
  • 江口 浩二, 塩崎 仁博, “多重多型トピックモデルを用いたアノテーション付きテキストからのエンティティ検索”, 情報処理学会研究報告, No.2008-DBS-145/2008-FI-91, pp.73-80 (Jun. 2008).
  • 本田 徹也, 江口 浩二, “確率的言語モデルによる意見文抽出のための局所文脈スムージング”, 情報処理学会研究報告, No.2008-NL-184, pp.83-90 (Mar. 2008).
  • 新井 勇輝, 江口 浩二, “トピック依存型意見検索モデルの開発とブログに対する評価”, 情報処理学会第70回全国大会講演論文集, Vol.5, No.5J-5, pp.57-58 (Mar. 2008).

2007年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Hitohiro Shiozaki, Koji Eguchi, and Takenao Ohkawa, “Multi-Entity-Topic Models with Who-entities and Where-entities”, Proceedings of the International Workshop on Data-Mining and Statistical Science (DMSS2007), Tokyo, Japan, pp.165-178 (Oct. 2007).
  • Chirag Shah and Koji Eguchi, “Use of Topicality and Information Measures to Improve Document Representation for Story Link Detection”, Advances in Information Retrieval: 29th European Conference on IR Research, ECIR 2007, Rome, Italy, Lecture Notes in Computer Science, Vol.4425, pp.393-404, Springer, Berlin and Heidelberg, Germany (Apr. 2007).  [acceptance rate: 19.1%]
  • Ron Bekkerman, Hema Raghavan, James Allan, and Koji Eguchi, “Interactive Clustering of Text Collections According to a User-Specified Criterion”, Proceedings of the 20th International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI-07), Hyderabad, India, pp.684-689 (Jan. 2007). [acceptance rate: 15.7%]

【研究報告/講演】

  • Koji Eguchi, “Statistical Language Modeling for Opinion Retrieval” (Invited Talk), The 3rd Korea-Japan Database Workshop (KJDB2007), Busan, South Korea (Jul. 2007).
  • Hitohiro Shiozaki and Koji Eguchi, “Multitype Topic Models for Entity Ranking”, Pre-proceedings of the 6th International Workshop of the Initiative for the Evaluation of XML Retrieval (INEX 2007), Dagstuhl Castle, Germany (Dec. 2007).
  • Yuki Arai and Koji Eguchi, “Opinion Retrieval Experiments using Generative Models: Experiments for the TREC 2007 Blog Track”, Proceedings of the 16th Text REtrieval Conference (TREC 2007), Gaithersburg, Maryland, USA (Nov. 2007).
  • 新井 勇輝, 江口 浩二, “トピック依存型意見モデルを用いたブログに対する意見検索”, データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム(DBWeb2007) (Nov. 2007).
  • 江口 浩二, ヴィクター・ラヴレンコ, “確率的生成モデルを用いたブログにおける意見検索”, 電子情報通信学会第8回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, No.WI2-2007-19, pp.97-102 (Mar. 2007).

2006年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Koji Eguchi and W. Bruce Croft, “Boosting Relevance Model Performance with Query Term Dependence”, Proceedings of the 15th ACM Conference on Information and Knowledge Management (CIKM 2006), Arlington, Virginia, USA, pp.792-793 (Nov. 2006).
  • Koji Eguchi and W. Bruce Croft, “Query Structuring with Two-stage Term Dependence in the Japanese Language”, Information Retrieval Technology: Third Asia Information Retrieval Symposium, AIRS 2006, Singapore, Lecture Notes in Computer Science, Vol.4182, pp.522-529, Springer, Berlin and Heidelberg, Germany (Oct. 2006).
  • Koji Eguchi and Victor Lavrenko, “Sentiment Retrieval using Generative Models”, Proceedings of the 2006 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP 2006), Sydney, Australia, pp.345-354 (Jul 2006). [acceptance rate: 18.4%]

【研究報告/講演】

  • Koji Eguchi and Chirag Shah, “Opinion Retrieval Experiments using Generative Models: Experiments for the TREC 2006 Blog Track”, Proceedings of the 15th Text REtrieval Conference (TREC 2006), Gaithersburg, Maryland, USA (Nov. 2006).
  • Yohei Seki, Koji Eguchi, Noriko Kando, and Masaki Aono, “Opinion-focused Summarization and its Analysis at DUC 2006”, Proceedings of the Document Understanding Conference 2006 (DUC 2006), New York City, New York, USA, pp.122-130 (Jun. 2006).
  • Ron Bekkerman, Koji Eguchi, and James Allan, “Unsupervised Non-topical Classification of Documents”, UMass CIIR Technical Report, No.IR-472 (Nov. 2006).
  • 関 洋平, 江口 浩二, 神門 典子, 青野 雅樹, “意見文に関する情報付与と意見に焦点を当てた要約の関係の分析”, 情報処理学会研究報告, No.2006-FI-84/2006-NL-175, pp.127-134 (Sep. 2006).